食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがありますので、摂取するときには種類を確認するようにしましょう。コンブから摂取できるアルギン酸や、コンニャクから摂取できるグルコマンナン、果物に含まれているペクチンなどは、全て水溶性です。水溶性の食物繊維を摂取することで、腸の粘膜形成をサポートしたり、コレステロールと結びついて血糖値が上がりにくくする作用などが得られます。この他、腸の善玉菌を増やし腸内環境を改善する効果などが得られるため、食物繊維を配合したドリンク系のサプリメントは数多くあります。食物繊維が含まれている飲み物には、野菜ジュースや、青汁があります。手間をかけずに食物繊維を補給したい場合は、これらの飲み物がおすすめです。一方、水で溶けない食物繊維が、不溶性食物繊維です。腸でかさをまし、便を多くしてくれますので、お通じをよくしてくれる成分です。サプリメントとしては不溶性のほか水溶性の食物繊維も配合して、粉末で摂取するタイプのものや、錠剤のサプリメントなどがあります。毎日の食事だけでは食物繊維が欠乏することが多いため、サプリメントを活用して、スムーズに摂取するといいでしょう。サプリメントだけに依存するのではなく、できるだけ食物繊維の多い食事をした上で、不足分をサプリメントで補うようにするといいでしょう。食物繊維の多い食事にするなら、白米を玄米に変えるのが手っ取り早いでしょう。パン食の人は、全粒粉パンや、小麦胚芽米パンが適しています。料理をする時に、わかめや昆布、ひじきなど食物繊維の多い食材を意識して使うのも効率的です。食物繊維を多く含む食事メニューを心がけつつ、不足分はサプリメントで補うことで、効率のいい食物繊維の摂り方ができるでしょう。